[今すぐ読める同人サンプル] 「処女を喰う鬼・前編」(切傷甲)

処女を喰う鬼・前編

処女を喰う鬼・前編


サークル: 切傷甲
ジャンル: 処女 中出し 監禁 バイオレンス おかっぱ 男性向け 成人向け めがね 貧乳・微乳

処女を喰う鬼・前編
切傷甲 作
●概要●
・本編60ページ、差分と奥付を含めた全241ページ。
・差分は「セリフ無し」「擬音表現無し」「絵のみ」の三種類。
・画像サイズが縦1700ピクセル、横1200ピクセル。ファイル形式はjpg。
・本作には暴力や強●、一部に出血描写があります。
・本作は三部作予定の前編(第一部)になります。
前編では小柄な女学生ユリコがメインヒロインとなります。
●あらすじ●
ある夜、変質者に襲われた「ユリコ」。
復讐に燃える彼女はクラスメートで少し古風な不良美少女「カナエ」を
無理やり協力させ、変質者を探し回る。
そんな時、よく似た姿の男「ヤブカワ」を誤って殴りつけてしまう。
怒り狂うヤブカワはユリコに激しい暴力を振るい、その勢いでユリコを強●する。
そして事が済むと今度はユリコを自宅へ連れ帰り、ペットとして監禁するのだった。
ユリコがそんな目に遭っているとは知りもしないカナエは、
変質者探しに協力するという約束を平然と破り、夜遊びに夢中になっていた。
数日後、仕事を終え帰宅したヤブカワを、全裸のユリコが手を揃え出迎えた。
すっかり躾が済み性奴●としての務めを果たすユリコは、ヤブカワの望みに答えるため
ペニスをしゃぶり、風呂では全身を使ってヤブカワの逞しい体を洗ってやる。
そして布団に入れば夜遅くまでセックスをし、精液を膣の奥に注がれてゆく。
主に忠実なしもべとして振る舞い娼婦の様な声を出し男を喜ばせてやるユリコ。
しかしそれは表面上の事であり、ヤブカワが寝てしまうと声を殺して枕を涙で濡らしていた。
ヤブカワの携帯電話が無造作に枕元に転がっている事にユリコが気づいたのは、そんな時だった。
自由を諦めきれないユリコは警察に助けを求めるため携帯電話に手を伸ばす。
しかしこれはユリコの忠誠心を試すためにヤブカワが仕掛けた、狡猾な罠だった。
そうと知らずまんまと電話を操作するユリコを、ヤブカワは容赦無く拷問部屋へ連行する。
許しを請うユリコに何度も鞭を振るい、細い体を手加減無しで殴りつけ、恐ろしい罵声を浴びせ
死の恐怖に震えるユリコを、ヤブカワは一晩中激しく犯し続けた。
ユリコが行方不明になってからもう一ヶ月が経った。
失踪直後はあまり気にしていなかったカナエだったが、だんだんと心配になってゆき
今ではユリコが最後に伝えた人相の男を探して、学校をサボってまで毎日町を歩き回っていた。
そしてその日もカナエは収穫ゼロな事に落胆しながら、帰路に就いていた。
一人の男がカナエの目に入って来る。ユリコの人相と同じ、怪しげな雰囲気の男。
まさにこの男こそ、ユリコを凌●する鬼畜、ヤブカワだった。
腕っぷしには自信があると言う油断から、無防備に彼に近づき声をかけたカナエ。
ヘタなカマかけをしてヤブカワを警戒させたカナエは、逆にヤブカワに襲われ捕まってしまう。
いつもの様に主を出迎えたユリコの前でヤブカワはカナエの服を切り裂き、豊満な胸を露にさせる。
ユリコはすっかりヤブカワに歯向かう気持ちを無くし、カナエを助けようとはしない。
そしてピンク色の綺麗な性器に肉棒を突き立て、無遠慮にカナエの処女を奪うのだった。(中編へ続く)

[画像]

「処女を喰う鬼・前編」を詳しく見る処女を喰う鬼・前編

処女を喰う鬼・前編

処女を喰う鬼・前編

処女を喰う鬼・前編

処女を喰う鬼・前編

処女を喰う鬼・前編

処女を喰う鬼・前編

処女を喰う鬼・前編

処女を喰う鬼・前編

処女を喰う鬼・前編

「処女を喰う鬼・前編」の続きはこちら

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

相互リンク募集中!

最新記事
アクセスランキング

アクセスランキング ブログパーツ
[ジャンルランキング]
アダルト
394位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
13位
アクセスランキングを見る>>
リンク
おすすめリンク
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ