[今すぐ読める同人サンプル] 「鬼風」(ロールシャッハテストB)

鬼風

鬼風


サークル: ロールシャッハテストB
ジャンル: ファンタジー 辱め BL(ボーイズラブ) 監禁 伝奇 妖怪 健気受け 女性向け 成人向け 黒髪 魔法 主従

裕福な商家の奉公人・春虎(チュンフー)は、生来気弱で優しい性格故に仲間たちにいじめられ、ある月夜の晩に一人で肝試しに行かされる。
そこで彼が出会ったのは異形の醜さを忌み嫌われ、廟に封じられていた不可思議な鬼神だった。

春虎と彼によって鬼風(クイフェイ)と名付けられた鬼神は主従の契約を交わし、新しい日々が始まるのだが……。
絶対に素顔を見せないミステリアスな鬼神と健気な奉公人の主従BL。

(中華ファンタジー/人外/鬼神×奉公人/不細工攻め×健気受け)

イラスト:ごまだれはまち(@gomadarehamachi)様
作者Twitter:@wKoxaUr47xGeAZy

■本文サンプル■
「ひっ、ひっ、ひ……ごめんなさい、罰当たりでした、もうしません、廟を荒らしてごめんなさい……」
「いーや、許せねえな」
「!」
凄まじい勢いで顔を上げる。
廟内に殷々と何者かの声が響く。
「罰として●●、俺を逃がす手伝いをしろ」
「だれですか?」
「誰だって?しゃらくせえ!」
酒場でくだ巻く無頼漢さながら伝法な啖呵を切り、けらけら笑いのめす。
そこらじゅうで物音が立ち、柱と床板がみしりと軋む。
「ば、化け物……」
「おうとも、化け物だ!」
あちこちを殴り付けて回る音がやみ、春虎の鼻先に渦を巻いて埃が乱舞。
「おもての雑魚どもが言ってたろ?いくら血の巡りの鈍い●●だって危険な場所には危険なもんがいるって察しがつくだろ」
「廟に閉じ込められてるっていう……」
「鬼神ちゃんだ」
あっけらかんと宣言。
竜巻を纏った何者かはすこぶる上機嫌に続ける。
「陰気が高まる新月の晩、復活にゃお誂え向きだ。百年かかってようやっとここまで力を取り戻した、が、限界だ!だめ、むり、お手上げ、降参!おい●●、そこに貼ってある札が見えんだろ?」
目を瞑りたい衝動に抗い、やっとの思いで眼球から瞼をひっぺがし、示された方角を向く。
「アイツをとれ」
「できません」
即答。
鬼神は激怒する。
鈍い音が連続し衝撃波が炸裂、天井床壁に自暴自棄の無軌道さで力の塊が衝突して撓む、癇癪の暴発に両耳を塞ぎしゃがみこむ。
「できませんってな何だクソ●●、俺は百年もおんぼろ廟でひとが通りかかンの待ってたんだぞ、数十年ぶりにやってきた人間だ、うんと言うまで返すもんか!」
「だ……だって、悪いものなんでしょ。さっき他の魔物たちが言ってた、悪さのしすぎで封印されたって……解き放てば悪さを働く、お屋敷の人たちを困らせる、旦那様に仕返しする!」
「はッ、俺あそんな度量の小せえ男じゃねえぜ!だいいちとっくに代替わりしてんだろうが、俺を廟にぶちこんだヤツは憎いが子孫にまで恨みはねえ」
「駄目、だめです!悪いことしたから百年も閉じ込められてるんだろ、人を祟って死なせて作物枯らして……悪い病をまきちらして……お前は悪い魔物だ、外にでちゃいけないんだ、永遠にここにいろ!」

コイツを解き放てばたくさんの人が不幸になる。
ありったけの勇気を振り絞って怒鳴れば、唐突に騒音が病んで廟に静寂が戻る。
しばらくして聞こえてきたのは、しおらしい嗚咽。
春虎は大いに当惑。

「………泣いてるの?」
どうして?
凄い力をもってる、凄い悪い魔物なのに。

「悔い改めてやり直そうとしてる俺様を黴くせえ、埃っぽい、こんな廃屋に永遠に縛り付けようってか。人間はくせに血も涙もねえ」
「あの」
「ド外道当主め、いっそ殺しゃよかったんだ、これじゃ生殺しだ。じめじめ薄暗い闇ン中に閉じ込められて話し相手もねえ、百年前は自由に空を飛び回ってた俺様が今じゃこのザマ、床下のネズミにだってシカトされる始末」
よよと泣き崩れる。
まるで自分が泣かせてしまったみたいなバツの悪さ。
「誰も彼もが悪党って決め付ける、改心したって訴えても信じてくれねえ」
「改心したの……?」
「百年も廟にぶちこまれたんだぜ、いやでも改心するさ!今じゃこのとおりすっかり心を入れ替えて……そうだ、取り引きしようや」
名案を閃いたと嬉々として。
「身なりから察するにお前、下働きだろ。毎日毎日牛馬みてえにこき使われてんだろ。封印解いてくれたら家来になって恩返ししてやる。貢献するぜ俺さまは」
「信じられない……改心したって証拠を見せてよ」
「経でも唱えりゃいいのか?」
「僕一人じゃ決められない……旦那様に相談しないと」
春虎のすぐ後ろで轟音が炸裂。
反射的に凍り付く。
「わっかんねえかなあ、ンなことしたら丸損だ。お前の家来になってやるって言ってんだぜ?旦那様なんぞ担ぎ出したらせっかくのうまい話がパアだぜ?千載一遇の好機を棒に振るのか」
鼓膜をざらり舐め上げる声のいやらしさに鳥肌が広がる。
「俺が付いてりゃ百人力だ、どんな辛え仕事だって一瞬で終わらしてやる、人間どもが崇め奉る鬼神サマだからな」
「でも……」
「煮えきらねえ奴だなあ」
舌打ちの後ははぁんとひとり合点。
「こんな夜更けに●●が廟に迷い込むとは面妖だとおもっていたが、なるほどね、朋輩にいじめられたんだな」


[画像]

「鬼風」を詳しく見る鬼風

「鬼風」の続きはこちら

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

相互リンク募集中!

最新記事
アクセスランキング

アクセスランキング ブログパーツ
[ジャンルランキング]
アダルト
236位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
4位
アクセスランキングを見る>>
リンク
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ